スポンサードリンク


妊婦が産休中に日帰り旅行? 1歳児と初めての飛行機。

今日は二人目の子供の出産予定日です。

病院の先生にはいつも「予定日より前に産まれそうだね」と言われていたのですが、全く産まれる気配がありません…

奥さんの体調は順調ですが、やっぱり子供が産まれてきてくれるまでは心配ですね。

そして、今日で一人目の子供が1歳9ヶ月になりました。

元気にスクスク育ってくれて有り難い限りです。

僕と奥さんと一人目の子供の3人で過ごす時間があと僅かなのは少し寂しいですが、二人目の子供が早く元気に産まれてきてくれれば良いなと思います。

そんな我が家のだいぶ前の話ですが、子供と奥さんと一緒に3人で日帰り旅行に行きました。

5月の終わりの話ですね。

久しぶりの旅行です。

⇒ 初めての誕生日は何する? 1歳の子供にもおすすめの旅行。

⇒ 赤ちゃんと初めての温泉。 1泊旅行はどんな所がおすすめ?

今日が二人目の子供の出産予定日なので5月の終わりから奥さんが産休に入ったのですが、僕も奥さんも「今のうちにどっかに旅行に行きたいね」という事で旅行に行きました。

どこに旅行に行こうかと奥さんと一緒に考えた時に「二人目の子供が産まれたらあんまり遠くには行けないし、一人目の子供はまだ飛行機に乗った事がないから、飛行機で行く所にしよう」となったので、急遽「福岡県」に行く事にしました。

妊婦さんが「出産予定日の28日前」以降に飛行機に乗る時は「医師の診断書」が必要らしいです。

妊娠中はいつでも心配ですが、わざわざ医師の診断書をもらってまで飛行機に乗って出掛けようとは思わないですよね。

なので、そんな理由もあって「飛行機に乗れるのは今のうちだな」となり、行き先が福岡になりました。

仕事でも何でもないのに「東京~福岡」を日帰りです。

なかなかの豪遊ですよね。

行き先が福岡県になった理由は「朝早くから夜遅くまで、飛行機の便が沢山あったから」です。

羽田~福岡は1日の便数がたくさんあり、行きも帰りもチケットが取れそうでした。

日帰りなので、滞在時間が長い方が良いですもんね。

ちなみに、飛行機はJALさんです。

チケットの値段はちょっと高いですね…

朝一の便は乗れなかったので、2番目の便で羽田から福岡に行きました。

僕の子供は今1歳9ヶ月なので、初めて飛行機に乗った時は1歳7ヶ月ですね。

飛行機に乗るのは朝早い時間だし、朝ご飯を食べてからだし、僕も奥さんも「子供は飛行機の中で寝ちゃうかな」と思っていたのですが、子供は初めての飛行機が楽しかったようで、羽田から福岡に着くまでずっと飛行機の中でキャッキャキャッキャとしていました。

子供が喜んでくれるのはとても嬉しいのですが、僕も奥さんも「これなら寝ててくれた方が良いな…」という位はしゃいでいました。

僕も奥さんも「周りに迷惑をかけないように」と必死でしたが、周りの人にはかなり迷惑だったと思います…

我が家のお出掛けはいつも車で移動しますが、やっぱり子供を連れて公共交通機関での移動は大変ですね。

ちなみに、行き先を福岡に決めただけで、僕も奥さんも全くのノープランで福岡に乗り込みました。

福岡に着いてからどうしようかと考えたのですが、僕はもともと旅行好きで福岡には何度も遊びに行った事があるけれど、奥さんと子供は初めての福岡なので、今回はとりあえず「福岡っぽい美味しい物を食べる」という事を目標にしました。

1日中食べ歩くのも大変なので、子供が楽しめる所は何があるかなと調べていると、福岡には「アンパンマンミュージアム」があるんですね。

僕は東京に住んでいて、横浜にアンパンマンミュージアムがあるのは知っていましたが、福岡にあるのは知りませんでした。

アンパンマンミュージアムは全国に5ヶ所あるんですね。

知りませんでした。

という事で、横浜のアンパンマンミュージアムも行った事が無いし、今回は「美味しい物を食べてアンパンマンと遊ぶ」というプランに決定しました。

決定と言っても「アンパンマンミュージアムがあんまり面白くなかったら他の所に遊びに行こう」という感じの「とりあえず行ってみよう」的な決定ですね。

福岡のアンパンマンミュージアムは「中洲川端」の駅からすぐだったので、福岡空港でレンタカーを借りようか電車に乗ろうか迷ったのですが、結局電車で行動する事にしました。

福岡空港から電車に乗り、とりあえず奥さんがスマホで中洲川端にある美味しそうなお店を探したところ、鶏料理の「とりまぶし」というお店を見つけました。

僕も食べた事が無かったので、まずは「とりまぶし」というお店に行く事にしました。

「とりまぶし」というお店も中洲川端の駅からすぐの所にあり、駅から迷う事なく着きました。

あんまり大きなお店ではありませんでしたが、外見はとても「良い感じ」です。

お店にはテーブル席しか無かったのですが、椅子に載せて使う「子供用の椅子」がありました。

ただ、僕達の他にも子供連れの人達がいて「子供用の椅子」が無くなってしまったようで、僕の子供の椅子は「僕の膝の上」になりました。

メインのメニューはお店の名前通り「とりまぶし」ですが、水炊きもありました。

水炊きは「福岡と言えば」という料理の1つですよね。

「とりまぶし」ってあんまり聞かない料理だと思いますが、鰻の「ひつまぶし」の鶏バージョンみたいです。

何となく想像がつきますかね?

僕はとりまぶしの上にネギがたくさん載った「ねぎまぶし御膳」で、奥さんはとりまぶしと水炊きがセットになった「とりまぶし水炊き御膳」を頼みました。

子供は僕と奥さんの料理を両方つまみ食いって感じですね。

食べる前に写真を撮るのを忘れてしまったので食べ掛けの写真ですが、とりまぶしはこんな感じでした。

福岡とりまぶし.jpg

僕には絶対インスタなんてできませんね…

いちいち食べ物の写真なんて撮らないですよね…

「とりまぶし」は「ひつまぶし」のように「味を変えて何回も楽しむ」という食べ方をするのですが、僕は「半熟卵を混ぜる食べ方」が1番美味しかったですね。

水炊きも美味しくて、子供も一生懸命とりまぶしと水炊きを食べていました。

そんな僕の子供を見た店員さんが「こんなにネギをいっぱい食べる子供を見たのは初めてです」と言っていました。

僕の子供は好き嫌いをせずに何でも食べてくれるので助かります。

美味しいご飯を食べてから、歩いて「アンパンマンミュージアム」に行きました。

歩いて10分位でしたね。

アンパンマンミュージアムは「博多リバレインモール」というビルの5階と6階にありました。

「5階と6階」と言っても、フロアが別々になっている訳ではなく吹き抜けになっていて、上の階にいても下が見えるようになっていました。

フロア自体が広いので、ビルの中という感じは全く無い感じでした。

入り口で入場料1人1500円を払えば、中に入ってからの飲食代以外は特にお金が掛かりませんでした。

知り合いに聞いた話だと、横浜のアンパンマンミュージアムの場合は「何とかショー」みたいなイベントを見るのにお金が掛かったりするみたいですね。

福岡のアンパンマンミュージアムでは、いろいろなショーや紙芝居なども無料で見る事ができました。

今度は横浜のアンパンマンミュージアムにも行ってみたいと思います。

入場料は1歳以上の子供から必要なのですが、子供でも大人と同じ1500円が掛かりました。

ただ、子供の場合は入場料を払うと「記念プレゼント」みたいな物がもらえました。

アンパンマンミュージアム記念品.jpg

アンパンマンミュージアム非売品.jpg

記念プレゼントは毎回違うようですが、僕の子供がもらったのはマラカスみたいなオモチャでした。

アンパンマンミュージアムの中の飲食店も美味しそうな物がたくさんあり、値段も思った程は高くありませんでした。

高い事は高いんですけどね…

お土産屋さんもたくさんあり、子供が欲しがるというよりも僕や奥さんが子供に買ってあげたくなる物がたくさんありました。

ショーや紙芝居の時間は決まっていますが、1日中アンパンマンミュージアムにいると、かなりいろいろなショーやキャラクターを見る事ができました。

ショーの時間以外にもキャラクター達がチョコチョコ登場してくれて、その度にたくさんの子供達が集まっていました。

ちなみに、僕の子供は着ぐるみのキャラクターが怖かったみたいで「興味はあるけど近寄れない」という感じでした。

アンパンマンですら近寄れなかったです。

「とりあえず行ってみよう」的な感じで面白くなかったら違う所に行こうと思っていたアンパンマンミュージアムでしたが、子供はもちろん喜んで遊んでいて、僕もとても楽しかったので、結局1日アンパンマンミュージアムで遊ぶ事になりました。

僕達は食事もアンパンマンミュージアムの中で済ませましたが、再入場もできたので、食事を外で食べたりしても朝から晩まで楽しめますね。

ちなみに、僕はタバコを吸いますが、再入場ができたお陰でビル内にある喫煙所まで行ったり来たりできました。

アンパンマンミュージアム内には喫煙所が無かったので、再入場は喫煙者にも有り難いです。

ほとんど1日かけてアンパンマンミュージアムをゆっくり楽しんで、そのまま福岡空港に向かいました。

福岡空港に着いたのは、帰りの飛行機の時間の結構ギリギリでした。

「帰りの便では子供も寝るかな?」と思っていたのですが、帰りの便の中でも子供は絶好調でした。

僕や奥さんの方が眠くて仕方ありませんでしたね。

帰りの飛行機の中で子供にジュースを配ってくれたCAさんが「アンパンマンは好きですか?」と僕に聞いてきたので、僕が「すごく好きなのでアンパンマンミュージアムに行って来ました」と言うと、CAさんがジュースを入れたコップの蓋にアンパンマンの顔を描いてくれました。

飛行機でジュースの蓋にアンパンマンの顔.jpg

すごく上手ですよね。

でも、子供はCAさんが描いてくれたアンパンマンの顔よりもジュースを飲む事に必死でした。

初めて子供を連れて飛行機に乗った感想は「やっぱり大変」です。

とにかく周りに気を使うし、子供にも気を使うし、僕も奥さんもとにかく疲れました。

羽田空港に着くと、CAさんが僕と奥さんに「お疲れさまでした」と言ってくれたのですが、ありがとうと思うと同時に「それだけ周りに迷惑を掛けてたんだろうな…」という申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

子供は羽田空港に着くまで絶好調だったのですが、帰りの車の中では爆睡でした。

子供はよっぽど眠かったのだと思いますが、ずっと寝ないくらい楽しんでくれたようで何よりでした。

そんな感じの「福岡日帰り旅行」でした。

本当だったら泊まりで行きたかったですが、奥さんは妊娠中だし、飛行機で何かあったら困るし、かなり贅沢な旅行ですがしょうがないですね。

と言うか、こんな贅沢ができるのもいろいろな知り合いがいろいろな物をくれて、とりあえず子供の為の準備にお金が掛からないからできる事ですね。

本当に有り難い事です。

僕が勝手に心に決めている「子供と回る47都道府県制覇の旅」が着々と進んでいます。

ちなみに、福岡旅行の後に「岩手県」にも旅行に行きました。

岩手県に僕の友達がいて、僕の一人目の子供が産まれた時に東京まで会いに来てくれたのですが、一人目の子供も大きくなったので、これまた急遽奥さんと子供と僕の3人で岩手県まで遊びに行きました。

一人目の子供が産まれた時の奥さんの産休中は、僕も奥さんも「とにかく安静に」みたいな感じでしたが、二人目の子供の産休となると結構「今のうちにいろいろやっておこう」となりますね。

もちろん無理しない程度にですが、僕と奥さんはここぞとばかりに一人目の子供を連れてお出掛けしています。

一人目の子供もお腹の中の二人目の子供も、もしかしたらいい迷惑かもしれません…

岩手の旅行についてはまた今度書く事にして、とりあえず二人目の子供が無事に産まれてきてくれる事を願う今日この頃です。

ちなみに、我が家のアンパンマングッズはこちらです。

⇒ アンパンマンのバスチェア

⇒ アンパンマンの椅子

⇒ アンパンマンの歯ブラシ

この記事へのコメント

スポンサードリンク